PAGE

ソウルへ旅行すると体験する地下鉄車内での出来事

ソウルへ旅行した時の移動手段は主に地下鉄で、疲れた時や荷物が多くなった時にはタクシーを使います。ソウルは地下鉄が発達している割に路線がシンプルで、大きく書かれた路線番号に沿って歩けば、観光客でも簡単に乗り換えができます。また、切符の券売機でも、韓国語の他に数か国語が選べ、簡単に買えますし、駅の名前は韓国語の他にも、英語・中国語・日本語でアナウンスされるので、外国人にとってはかなり便利な乗り物なのです。

ソウルの地下鉄でいつも不思議に思うのは、電車の中で物売りをよく見かけることです。売っている人は大体がおじさんですが、どこからかいきなりおじさんが乗ってきて、大音量でクラシック音楽などのCDを流しながら、そのCDを販売する人や、花柄のハンカチを売る人、おもちゃを売る人、よく分からない日用品を売る人など様々です。手押しのカートの中に商品を入れ、コロコロ引きながらやってきて、車両の中央付近に立ち止まって、商品の説明をし、誰も買わなければそのまま隣の車両に移って行きます。中には、商品を強引に全員の膝の上に乗せて行き、よく見せてから後で商品と代金を回収する人もいて、旅行者の私たちはドキドキするのですが、周りの乗客は、いつものことかといった感じで、ほとんど関心がなさそうです。たまには、それを購入する人もいます。電車の中で商売をすることは、許可を取っていないと思われるのですが、みんな堂々と商売をしていてなかなかたくましいです。

おすすめ

  • 東海道についてはこちらのWebサイトがおすすめ。

Copyright 2017 旅行に行ったソウルで色々感じたこと All Rights Reserved.